献血って痛い?怖い?「にしきた献血ルーム」で初めて献血に行ってきました【フリードリンクや漫画も】

にしきた献血ルーム1

西宮北口のACTAにある献血ルーム。

ずっと気になっていたんですが、「痛いんじゃないかな」という不安もあり、今まで行くことはありませんでした。

ただ、この『にしきた通信』を運営するなかで、行きたいという気持ちがだんだん強くなり、実際に行ってみることに。

感想を結論からいうと、献血は思ったほど痛くも怖くもなく、心地のいい経験でした。

献血ルーム内は木の温もりが感じられ、ドリンクやお菓子ももらえたりと、全体的にとてもあったかい空間。

居心地もとてもよかったですよ。

にしきた献血ルーム2

献血の流れや、献血ルームの環境かなどレポートしていくので、行くか迷っているのであれば参考にしてみてくださいね。

ACTAの西館2階にある

にしきた献血ルームはACTAの西館2階にあります。

駅やACTAのマクドナルドからは少し離れたところ、眼鏡市場 アクタ西宮店の目の前にあります。

ACTAのフロアマップはこちら

(1)まずは個人情報や生体認証の登録→ipadでの問診

まずは簡単に説明を受けたあと、初めての献血ということもあってか、住所などの個人情報を登録しました。

顔写真が確認できる証明書も提示を求められたので、運転免許証や学生証を持っていくといいでしょう。

▼献血後はこのようなカードをもらえ、次回以降はこのカードを提示するとスムーズだそう。

にしきた献血ルーム4

その後、生体認証のため、指を機械で読み取ってもらい登録。

ipadで問診を受けると、最初の手続きは終わりました。

献血中は名前ではなく番号で呼ばれることになりますが、その番号が書かれた紙を腕にまくことになります。

(2)血圧の測定

まず行うのが血圧の測定。

献血の採血をする部屋とは別の部屋で測定しました。

お医者さんのようなベテランの男性が対応してくださりました。

(3)血液検査

血圧を問題なくパスできれば、次は血液の検査。

血液型や血の濃さなどを検査してもらえます。

採血されるので、少しちくっとしますが、痛いのは1・2秒ぐらいであっという間。

採血の前には、腕を上にあげてしんどくないか、疲労度の確認もされました。

(4)採血(献血本番)へ

そして献血の本番に入ります。

献血にはいくつか種類がありますが、この日行ったのは全血献血の400ml献血。

あとで調べたところ、この種類の献血が一番必要とされているそうです。

先ほどの血液検査は左腕にしてもらい、献血本番の採血は右腕で行いました。(右腕の方が血管が出ていたらしい)

仰向けに寝転がっている状態で、テレビを視聴することもできます。

頭をもたれるところからテレビの音声が流れてきて、これも新しい経験でした。

採血は最初ちくっとしますが、これもほんの1・2秒。

そのあとは特にしんどいなぁという思いはありませんでした。

緊張していたので、そういう疲れは少しありましたが。。

その姿を見てか、担当の方がチョコレートをくださったりも…!

献血中は血流をよくするために、簡単な足の運動をするといいそうです。

献血が終わったらあとは休憩

献血が終わると、あとはゆっくり休憩します。少なくとも10分以上は休憩が必要で、できれば30分以上がいいそう。

休憩ルームでは、フリードリンクあったりと居心地のいい環境が整っています。

どのような設備やサービスがあるか紹介していきますね。

アイスの自販機(コインが必要)とカップの自販機(無料)

にしきた献血ルーム11

献血後にアイスの自販機で使えるコインを1枚もらえ、それを自販機に入れるとアイスを1つもらえます。

暑い日だったので、本当に身体に染みていきましたね。

ドリンクは無料で飲めます。冷たいのも温かいのもありましたよ。

にしきた献血ルーム10

お菓子

にしきた献血ルーム7

お菓子もこのような感じで自由にとれるようになっています。

漫画、小説、雑誌、新聞も読める

にしきた献血ルーム6

漫画、小説、雑誌、新聞を読むこともできます。

漫画は『ONE PIECE』『BLEACH』『進撃の巨人』『宇宙兄弟』『ちはやふる』『涼宮ハルヒの憂鬱』など有名どころも。

『ジャンプ』などの雑誌も置いてありました。

小説では『阪急電車』など有川浩さんの小説が多かった印象です。

写真のとおり、共用のテレビも置かれていますよ。

フリーWi-Fiやコンセント(電源)も使える

登録なしで使えるフリーWi-Fiもあります。

コンセント(電源)もあったので、さくっと仕事をするという使い方もできるかもしれませんね。

キッズスペースもある

にしきた献血ルーム12

(↑ACTA西宮の公式サイトより)

キッズスペースもあり、保護者の人が献血中でもここで遊んで待っておくことができます。

キッズスペースではなく、大人と同じ休憩スペースで勉強している子どもの姿もありましたよ。

フリースペース(自習スペース)もある

にしきた献血ルーム13

(↑ACTA西宮の公式サイトより)

献血ルームの隣にはフリースペース(自習スペース)があり、献血をしない日でも献血カードを提示することで利用できます。

スタッフの方いわく、「学生さんが学校帰りなどに使えるように」という意向が強いそうですが、大人も使って大丈夫とのこと。

コピー機は1日10枚まで無料とのことで、学生さんには特にうれしいのではないでしょうか。

にしきた献血ルーム8

ちなみにこのフリースペース、貸し切り利用もできるそうです。

にしきた献血ルーム5

血液が不足している状態が続いている

70歳以上の人は献血できないので、高齢化が進むなか、血液の不足が心配されているそう。

実際今も不足していると掲示されていました。

にしきた献血ルーム9

夏の暑いときや、冬の寒いときは血液が特に足りなくなるとも。

若いときから献血に興味を持ってもらいたいとの思いで、学校ごとの利用者数が献血ルーム内に掲示されていましたよ。

さいごに

献血を経験する前と後で、献血に対する思いがかなり変わったと、今感じています。

痛そう、怖そうという思いから、なんかあたたかいものに変わった気がします。

日本赤十字社のサイトに「全国のありがとうの声」というページもありますが、これを読むと、ほんの少し社会貢献した気持ちにもなれました。

とても素敵な空間ですし、もしよければ足を運んでみてくださいね。

(輸血できるかどうかに関しては基準が細かくありますので、これも日本赤十字社のサイトをご確認ください。)

▼兵庫県内の献血ルームで使えるポイントカードももらえました。

にしきた献血ルーム3
にしきた献血ルーム1

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です