兵庫県は日本の縮図、西宮は兵庫県の縮図?『兵庫県謎解き散歩』『兵庫 地理地名地図の謎』のおもしろかったところをレビュー

兵庫の本

阪急に関する本を先日読みましたが、今回読んだのはこちらの兵庫県に関する2冊の本。

兵庫県は「日本の縮図」と呼ばれるほど多様性があっておもしろい地域です。

早速興味深かったところを紹介していきますね!

『兵庫県謎解き散歩』

明石焼きのうんちくが個人的におもしろかったです。

地元・明石では「たまごやき」の名で親しまれている。冷たいだし汁で食べるのが本式だ。

冷たい明石焼き、一度食べてみたいですね〜。

イニエスタ選手の加入で今話題のヴィッセル神戸についてはこんな情報が。

平成7年1月1日に「ヴィッセル神戸」としてスタートした。ところが、練習初日であった1月17日に阪神・淡路大震災が発生、追い打ちをかけるように筆頭株主であったダイエーが撤退を表明する。

チームになって初めての練習の日に震災が起きたそう・・・。震災の年に優勝したオリックスだけでなく、ヴィッセル神戸も復興の象徴といえるかもしれませんね。

『兵庫 地理地名地図の謎』

尼崎の語源がおもしろい

西宮のおとなり尼崎の語源もおもしろかったです。

海の幸に恵まれていたことから「海が幸」と呼ばれ、やがて「海が崎」に転じ、尼崎となったとされている

今はあまり海のイメージはないので、少し意外ですね。

「日本の縮図」と呼ばれる理由

兵庫県が「日本の縮図」と呼ばれている理由がずらりと並んでいて、とても納得感がありました。

日本の縮図と呼ばれる理由
  • 北には日本海、南には瀬戸内海があり気候が大きくちがう
  • 産業活動指数(全産業の生産活動状況を示す指数)が全国の平均に近い
  • 瀬戸内海沿岸には阪神工業地帯や播磨工業地帯があり工業が盛ん、中部から北部にかけては農林水産業が盛ん
  • 神戸のような人口が多い地域もあれば、但馬や丹波地方など過疎化が進んでいる地域もある
  • 淡路島もある
  • 海水浴、スキー、登山、温泉などレジャーが多様
  • 県民性の見本市と呼ばれるほど、県民性を一言で説明できない
ここまで書いていて思ったんですが、多様性があるといったら西宮も同じですよね。

海もあり、山もあり、甲子園球場や有名な学校もあります。

西宮は兵庫県の縮図ともいえるかもしれませんね。

兵庫の本

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です