西宮北口の名店「番馬亭」をレポート!カレーうどん、カツカレー丼をいただいてきました

番馬亭カレーうどん

西宮北口でカレーうどん、カレーそばといえば、番馬亭です。

テレビでも関西でおなじみの『おはよう朝日です。』や『よ〜いどん』の「隣の人間国宝さん」に取り上げられたこともあるそう。

念願かなってようやく初めて行ってきました。

番馬亭外観

番馬亭へのアクセス

場所は西宮北口駅の北西出口から徒歩で3分ほどのところ。

このあたりは飲み屋も多くて、西宮北口周辺では少し賑やかな地域にあたります。

ほっとできる空間

全体的にレトロな感じで、カウンター席もテーブル席もあります。

木のテーブルになっているので、どこか温かみがありますね。

ご主人の人柄も気さくでとても素敵です。

今までのカレーうどんで一番おいしい

番馬亭カレーうどん

まず、見た目からして他のカレーうどんとちがいます。

ぐつぐつと煮立っていて、見ているだけでとろみが伝わってくるほど。

もちろん出汁もきいていますし、たまねぎやにんじんはしゃきっとした食感が残っています。

野菜の味をしっかり感じられるのもうれしいところですね。

刻んだかまぼこも具材に使われていて、食感の変化も楽しめます。

具材は底にたまりがちなので、バランス良く食べたい場合は、ちょっと意識して混ぜながら食べてもいいですね。

ちがう日にもう一度行ってきました

2度目の訪問は夏のなかなか暑い土曜日。

14時頃だったんですが、2人ほど先に並んでいて中で待つことに。

それでも回転ははやく、10分ほどで席につくことができました。

ただし、今回は相席。

前回に比べるとゆっくりできるという雰囲気ではなかったですね。

カツカレー丼(1,130円)をいただいてきました

番馬亭カツカレー丼

今回はカツカレー丼をいただくことに。

きくのを忘れていたんですが、おそらくカレーうどんと同じカレーだと思います。

出汁がきいていて、とろみもちょうどいい具合。

カレーはたっぷりかかっていますが、それでもカツはサクサクです。

脂身の割合は最初ちょうどいいかと思いましたが、だんだんと「少し多いかな」と感じるようになりました。

番馬亭カツカレー丼アップ

おいしいんですが、全体的なボリュームは20代半ばぐらいまでの若者向けなのかなというのが正直な感想。

青ネギ、たまねぎ、かまぼこなどが入っていて、シャキシャキ感も楽しめますが、カレーうどんに比べると野菜はやや少なめです。

食べログはこちら
番馬亭
番馬亭カレーうどん

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です